ウェルネスワークグループは、「新型コロナウイルス感染症に関する青森県対処方針 令和2年4月17日(令和2年5月27日変更)」や一般社団法人日本経済団体連合会策定「オフィスにおける新型コロナウイルス感染予防ガイドライン」を踏まえ、感染防止対策に取り組んでいます。

 

ウェルネスワークグループが、心も体も元気に働ける職場づくりを応援します。

グループ代表:西尾和樹

 

 2006年宇都宮大学農学部森林科学科卒業後、農林水産省林野庁北海道森林管理局に入庁。2014年10月、合同会社西尾経営管理事務所を設立。2016年12月、西尾社会保険労務士事務所を開業。2020年3月、ウェルネスワーク株式会社を設立。「ウェルネスワークを通じて、誰もが輝くような穣かな人生をデザインできる社会をつくる」ことを基本方針としている。社会保険労務士・健康経営エキスパートアドバイザー・健康管理士一般指導員。埼玉県志木市出身。1983年生まれ。

20200901.jpg

健康経営事業

健康経営🄬とは、従業員の健康管理を経営的な視点から考え、戦略的に実践することです。

 

従業員への健康管理・健康づくりの推進は、生産性の向上、企業価値やイメージの向上、従業員の定着・離職率の改善、医療費負担の軽減等につながります。​

ヘルスケア事業

ヘルスケアとは、健康の維持や増進のための行為や健康管理のことです。

​病気にならないように未然に防ぐ予防医学の一次予防として生活習慣の改善、生活環境の改善、健康教育による健康増進、予防接種による疾病の発生予防、事故防止による傷害の発生予防等があげられます。

社会保険労務士業

社会保険労務士(社労士)とは、労働・社会保険の問題の専門家です。

 

労働保険・社会保険諸法令に基づいて、行政機関に提出する書類や申請書の作成、会社を経営していくうえでの労務管理や社会保険、年金についての相談・指導等を行います。

生命保険事業

健全な会社経営のために、生命保険を利用して「安心」を手に入れる。

生命保険を活用して、会社・従業員のために、様々なリスクへの対策、従業員が安心して働ける職場環境の用意、経営者自身の保障の準備をすることができます。

ウェルネスワークグループは、2015年9月に「国連持続可能開発サミット」の成果文書として採択された「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」に沿った取り組みをしています。

アジェンダは、人間、地球および繁栄のための行動計画として、宣言および目標を掲げました。この目標が、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」です。

ウェルネスワークグループの取り組み

  • 事務所内は全面禁煙

  • 健康経営、健康づくりの推進

  • ​スマートムーブ(徒歩通勤・自転車通勤)の推奨

  • その人その人の能力に男性、女性は関係ない

  • ​ジェンダーやセクシュアリティに関係なく働きやすい職場環境づくり

  • 事務所の省エネ化(CO2削減)の推進

  • ペーパーレス化(電子申請、電子データ保存)

  • ​スマートムーブ(エコドライブ)の推奨

  • 働きやすい事務所設備の導入推進

  • イノベーションによる業務省力化

  • ワークライフバランスの充実

  • ​資格取得支援、テレワーク対応

 

ウェルネスワークグループは、地球温暖化対策のための「COOL CHOICE(=賢い選択)」に参加しています。

 

ウェルネスワークグループは、11月1日~3月31日までの「WARMBIZ」に参加しています。

 

ウェルネスワークグループは、「すこやか生活習慣国民運動スマート・ライフ・プロジェクト」に参加しています。

 

ウェルネスワークグループへのアクセス

※「健康経営🄬」は、特定非営利活動法人健康経営研究会の商標登録です。

​※「健康経営アドバイザー」制度は、経済産業省の委託事業で創設された東京商工会議所の資格制度です。

 

〒031-0823 青森県八戸市湊高台5-5-4

​電話:0178-51-6317  FAX:050-3606-2909

✉:info@nishio-management.com

  • Facebook

 

© 2018 by nishio-management Proudly created with Wix.com