2年連続、健康経営優良法人(ブライト500)に認定されました。

2022年3月9日発表、健康経営優良法人2022(中小規模法人部門)ブライト500に「ウェルネスワーク株式会社」、「合同会社西尾経営管理事務所」の2社が認定されました。ともに2年連続です。



健康経営優良法人とは、経済産業省が制度設計し、特に優良な健康経営を実践している法人を日本健康会議が選定する制度です。

健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。 また、ブライト500とは、「健康経営優良法人2022(中小規模法人部門)」に認定された企業のうち、「健康経営優良法人の中でも優れた企業」かつ「地域において、健康経営の発信を行っている企業」として優良な上位500法人に対して付与されるもので、2021年度に新設されました。


経済産業省(https://www.meti.go.jp/press/2021/03/20220309002/20220309002.html)




2022年3月9日に発表された「健康経営優良法人2022(中小規模法人部門)」は、全国で12,255法人。うち、青森県122法人、岩手県108法人、宮城県266法人、秋田県122法人、山形県244法人、福島県258法人、東北6県合計で1,120法人でした。

また、そのうち上位500法人(正確には503法人)にあたるブライト500の認定を受けたのは、全国で503法人。青森県6法人、岩手県4法人、宮城県12法人、秋田県3法人、山形県11法人、福島県10法人、東北6県合計で46法人でした。


ちなみに、青森県八戸市では、弊社2法人のみでした。

弊社の具体的な取り組みについては、これまでに下のように紹介されました。



弊社では、自社での取り組み経験を活かし、「働きながら健康になる職場づくり」=『ウェルネスワーク(wellnessとworkの造語)』のサポートを行っています。



 

自社の取り組みをもとに開発した

「補助金を最大限活用した健康経営」

ウェルネスワーク(働きながら健康になる職場づくり)
補助金・助成金を活用し、設備投資・販路開拓・社内制度・研修セミナーの実施など
経営環境の改善提案を通して、働きながら健康になる職場づくりの実践をサポートします

ウェルネスワークプログラム

働きながら健康になる職場づくりを

ウェルネスワークワークを通じて、心も体も元気に働き、輝き、そして穣かな人生をデザインできる社会を目指します